東北の食材を生かした丼のイベントが開催されました。

宮城県石巻市の石巻専修大で東北の食材を生かした丼のイベントが開催されました。
この「ツール・丼」というイベントは初開催でしたが、多くの人が「丼」を楽しみました。

<ツール・ド・東北>ツール丼 ド・丼と応援 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201609/20160918_13017.html 情報元:河北新報オンラインニュース

「ツール・ド・東北」は、「東北の新しい魅力を発見」をテーマに開催されたイベントです。
「ツール・ド・東北」は東日本大震の復興を支援しようと毎年この時期に行われ、9月17日と18日の2日間、18キロから211キロの7つのコースを自転車で巡ります。

 

そんな、「ツールド・東北」の中で、初めて「ツール・丼」というイベントが開催されました。
この「ツール・丼」では、「ツール丼・東北グランプリ」など様々なイベントが行われ盛り上がりを見せたようです。

 

中には、初めて東北を訪れたという方が参加していたりと、テーマである「東北の新しい魅力を発見」が出来たという方も多いのではないでしょうか。
「ツール・丼」では、東北ならではの食材を生かした「ほやビビンバ丼」や「パエリア」など、13種類の創作丼が販売されました。

 

訪れた方や出場者がいくつかの丼を食べ比べ、好きな丼に投票し、グランプリを決めます。
結果は、9月下旬に「ツール・ド・東北」の公式サイトで発表されます。
こういったイベントは県外からも多くの人があつまるきっかけにもなりますし、目的である「東日本大震災の復興」にも繋がります。

 

楽しく自転車で走ったり、東北の食材を食べる事で東北を知ったり、復興の支援になるのは素晴らしい事です。
まだまだ被害が多い東北の復興の手助けになるのではないでしょうか。

 

2013年から続いているこのイベントが「東北」を盛り上げてくれる事でしょう。

メニュー