県民栄誉賞の発表 カープが広島に与える影響

広島東洋カープの25年ぶりのリーグ優勝は多くの人に感動を与えました。
広島の街は歓喜の渦の真っただ中です。
あらためて広島はスポーツの盛んな土地なのだと実感させられます。

カープ黒田・新井と金メダル金藤が、広島県民栄誉賞 http://tabetainjya.com/archives/cat_3/_3/ 情報元:広島ニュース 食べタインジャー

広島県の湯崎県知事より県民栄誉賞について発表がありました。
今回の受賞は

  • 黒田博樹投手 :プロ野球 (広島東洋カープ)
  • 新井貴浩投手 :プロ野球 (広島東洋カープ)
  • 金藤理恵選手 :リオ五輪 競泳200m平泳ぎ 金メダル

となりました。
スポーツ熱の高い広島ならではの受賞メンバーだと感じます。

 

広島といえば「広島東洋カープ」での選手の活躍は目覚ましく、今年は25年ぶりのリーグ優勝で広島の街は大盛りあがりをしました。
歴代の県民栄誉賞についても圧倒的に「広島東洋カープ」の選手が受賞しています。
(山本浩二・衣笠祥雄・北別府学・野村謙二郎・前田智徳など)

 

それほどに広島と広島東洋カープには深いつながりがあり、広島県民はカープの試合に一喜一憂しながら日々を過ごしています。
また広島にはサッカーJリーグ1部の「サンフレッチェ広島」が存在します。
野球熱が強い広島にあって、サッカーを見るという楽しさを徐々に浸透させつつあります。

 

こちらも「広島東洋カープ」の選手に負けない位の人材が出てくると広島のスポーツ熱は更に加速すると思います。
「カープの応援は生活の一部」といった人が広島には多く、そんな広島県民の強い後押しが今回の県民栄誉賞を決定させたのではないでしょうか。

メニュー