台東区で「歩きスマホ0」キャンペーンが実施されました。

東京都台東区で歩きながらのスマートフォン操作を防止しようと、「歩きスマホ0キャンペーン」が実施されました。
このキャンペーンは、秋の全国交通安全運動に合わせ、21日にJR総武線浅草駅東口周辺で実施されました。

「歩きスマホ0」へ 台東区がキャンペーン http://www.sankei.com/region/news/160923/rgn1609230002-n1.html 情報元:産経ニュース

最近の人気ゲーム「ポケモンGO」により、「歩きスマホ」の危険性がより注目されるようになりました。
歩きながらのスマートフォンの操作はとても危険で、人とぶつかったり、時には地下鉄の線路内に落下してしまうという事も。

 

街中を歩いていて歩きスマホをしている人とぶつかりそうになったことがあるという方も多いのではないでしょうか。
そんな歩きスマホをやめてもらおうと、台東区で21日に「歩きスマホ0」キャンペーンが実施されました。
このキャンペーンでは、駅利用者にチラシや啓発物品を配布し、歩きスマホの危険性を呼びかけました。

 

歩きスマホもそうですし、何かをしながらのスマートフォンの操作というのはとても危険です。
画面に気を取られ、周りへの注意が疎かになってしまう事はもちろん、時には人に危害を加えてしまう事もあります。

 

スマホの通知が気になり、確認したくなるという気持ちは良く分かりますが、「一瞬だけ、確認だけしよう」という気持ちが大きな事故に繋がってしまう可能性があるのです。
私も通知がきて画面がくるととても気になりますが、出来るだけ道の端で立ち止まって見るようにしています。
ちょっとした心掛けだけで「歩きスマホによる事故」は防ぐ事が出来るのです。

 

歩きスマホをしている人はたくさんいますが、こういったキャンペーンで「歩きスマホの危険性」が周知され、歩きスマホが減ると良いですよね。

メニュー