東北最大級のワインの祭典が開催されました。

福島市で、東北最大級のワインの祭典「ワイン ヴァン ヴィーノ フクシマ」が開催されました。
24日に前夜祭が、25日には福島駅前通りを歩行者天国にしてメインフェスが催されました。
会場には、赤・白の様々なワインが並び、訪れた人が世界各国のワインを楽しみます。

世界のワイン飲み比べ 25日メインフェス 福島 http://www.minpo.jp/pub/topics/odekake/2016/09/post_5686.html 情報元:福島民報

福島市で「ワイン ヴァン ヴィーノ フクシマ」が開催されました。
昨年は、15,000人を超える来場者によってとても賑わったイベントです。
そして、今年は集客目標を「1,7000人」に設定。
昨年以上の集客を目標にして開催されました。

 

このイベントには、世界各国のワインの他にも、福島や全国各地からレストランが出店しています。
キャッチフレーズは、「福島市街地の賑わいは福島駅から」
そのキャッチフーズの通り、福島駅前通りは大勢の来場者で賑わいました。
来場者は、ワインを飲み比べたりレストランが出すフードをおもいおもいに楽しんだようです。

 

福島市は、東日本大震災の影響で人口流失があったり、商店街の売り上げ減少に悩まされています。
このようなイベントを開催することにより、地域の活性化や商店街の売り上げ増大にも繋がることでしょう。

 

「ワイン ヴァン ヴィーノ フクシマ」は秋の行楽シーズンに開催。
地元だけではなく県外からの集客をすることで、「日本一のワインイベント」になることを狙っています。

 

来年もこのイベントは開催される予定です。
きっと今年以上にたくさんの人で賑わい、多くの人たちに愛されるイベントになることでしょう。

メニュー