石川町駅名に「元町・中華街」が併記されました。

15日、JR石川駅の表記が「石川町」から「石川町(元町・中華街)」に変更されました。
表記の変更は、は横浜中華街の最寄り駅であることを分かりやすくすることが狙いです。
また、併記とともにホーム壁面もリニューアルされました。

石川町駅名に「元町・中華街」併記 ホーム壁面もリニューアル 神奈川 http://www.sankei.com/region/news/160916/rgn1609160054-n1.html 情報元:産経ニュース

JR石川駅は、横浜中華街から徒歩5分なのですが「最寄り駅」としてはあまり認知されていませんでした。
そこで、横浜中華街アクセスの利便性を向上することや、最寄り駅であること分かりやすくするために「石川町(元町・中華街)」と併記をするようにしました。

 

たしかに、横浜中華街へのアクセスは横浜駅で「みなとみらい線」に乗り換えるというのがメジャーです。
「石川町」が横浜中華街の最寄り駅であることは知らない方も多いと思います。

 

しかし、今回表記が変更されたことによって石川町が中華街の最寄り駅であると多く知れ渡るでしょう。
併記することによって、誰にでも分かりやすくなりましたよね。
横浜中華街へのアクセスの利便性の向上はもちろん、石川駅の発展にも繋がるのではないでしょうか。

 

また、2020年に開催される東京オリンピックでは、横浜中華街へ訪れる外国人観光客も増えるでしょう。
今回、併記がされたことでアクセスの仕方が分散され混雑の防止にもなりますよね。

 

「石川町」だけではなく、都内にも名所の「最寄り駅」であることが周知されていない駅も多いと思います。
今後、このような併記をすることによってアクセスの利便性が上昇することに期待です。

メニュー