高柳大香神社の境内に巨大キノコが出現しています。

久喜市高柳の高柳高柳大香取神社境内で、無数の白いキノコが重なった巨大キノコが出現しています。
このキノコは昨年も同じ神社の境内に出現し、地域住民らを驚かせました。
今年は、大きさ様々なキノコが40株出現しています。

巨大キノコ、日に日に大きく…久喜の神社に今年も出現 見物客訪れる http://www.saitama-np.co.jp/news/2016/10/01/10.html 情報元:埼玉新聞

久喜市高柳の神社の境内で巨大キノコが出現しています。
無数のキノコが集まって出来た巨大キノコは、日に日に大きくなり今では横1メートル以上、高さ50センチ以上に。
地域住民らを驚かせ、キノコを見に県内外からも来場者が訪れています。

 

巨大なキノコが出来るには様々な条件が合致している必要があり、このようなキノコがいきなり出現するのは極めて稀です。
ですので、物珍しさから多くの人が訪れるのも頷けますね。

 

昨年に引き続き、今年も出現したということで住民たちは手作りの看板を作り、来場者を出迎える準備をしています。
思わぬキノコの出現が今年も・・・ということで住民はとても驚いている様子。
確かに、2年連続で巨大キノコが現れるとは思いませんよね。

 

このキノコは「ニオウシメジ」だと言われており、あまりの大きさから「おばけキノコ」とも呼ばれています。
ニオウシメジはその名の通り「キシメジ科ニオウシメジ属」でシメジの仲間、食べることもできます。
その味はあっさりしていてクセがないと知られています。
今回神社境内に出現した巨大キノコが収穫されるのかは分かりませんが、「食用」として収穫するのもアリですよね。

 

このキノコはまだ見られるようなので、興味がある方は立ち寄ってみるのもおもしろいかもしれません。
なかなか見る事の出来ない、ちょっと不思議な巨大なキノコを見物しにいくのも一興でしょう。

メニュー