すみだ水族館で「きんぎょ総選挙」が行われました。

東京都墨田区すみだ水族館で初めて「きんぎょ総選挙」が行われました。
この選挙は、夏のイベント「お江戸の金魚ワンダーランド」で展示した23品種から、来館者がお気に入りを選んで投票しました。

初代人気No.1はリュウキン すみだ水族館「きんぎょ総選挙」 http://www.sankei.com/region/news/161005/rgn1610050004-n1.html 情報元:産経ニュース

すみだ水族館で、初めて「きんぎょ総選挙」が行われました。
この選挙は、「お江戸の金魚ワンダーランド」というイベントで展示した23品種から、来館者の投票によりNO.1を決定します。

 

今回、9月24日〜30日まで開催し、投票数は全部で2308票。
その中で1位に輝いたのは「リュウキン」という品種で、獲得投票数は362票でした。

 

リュウキンという金魚は、丸い腹部に長いヒレを持っているのが特徴。
リュウキンが泳ぐ姿は、とても優雅で金魚の代表格と言われることも。

 

丈夫な金魚で、比較的簡単に入手することができますが、上等な個体は高値が付けられることもあります。
とても評価が高い品種なので、総選挙で1位に選ばれるのも納得の品種です。

 

また、2位には「デメキン」、3位には「ワキン」がランクイン。
日本人に親しみがある品種が選ばれました。

 

この総選挙は、色々な金魚をじっくりと見てもらい、今後の展示に来館者の声を反映する目的があります。

 

すみだ水族館は、2012年5月22日にオープンしたばかりでまだ歴史が浅い水族館。
今後も色々なイベントを開催して、どんどん水族館を活性化させてもらいたいですね。

 

2016年11月8日には、写真家・映画監督の蜷川実花さんの作品をつかった美しいクラゲ展示ゾーンが登場予定。
こちらのイベントにも注目が集まりそうです。

メニュー