札幌市で「着物」を着用するイベントが人気を集めています。

札幌市で着物を着て、街を歩く男性が増えています。
市内で着物を着て集まるイベントや、飲食店による催しが増えていることによって人気に拍車がかかっています。

男性、着物で街へ 札幌で着用イベント人気 「非日常」味わう http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/sapporo/1-0326396.html 情報元:どうしんウェブ

札幌市内で着物を着て、街を歩く男性が増えています。
着物は日本人の伝統的な装いですが、日常的に着るのは躊躇してしまうもの。
しかし、男性の着物は女性より着付けが簡単なこともあり、注目を集めています。

 

札幌市内では、着物を着て集まるイベントや、飲食店による着物客限定の催しも。
着るだけで「非日常感」を味わえることなどを理由に男性からの人気を集めているのです。

 

中央区 新善光寺( 札幌市中央区南6条西1丁目)では、10月1日夕方に「キモノでジャック」というイベントが開催されました。
「キモノでジャック」は有志団体が主催。
6年前から1、2ヶ月に1度程度、場所を変えながら開催されているイベントです。
テーマは、「着物を着ていく場所がなくて困っている。そんなアナタのためのキモノでジャック」

 

着物を気軽に着て、みんなで親交を深めようと開催されています。
今回のイベントでは、寄席観賞などを通じておよそ40人が交流を深めました。
その他にも、市内には着物イベントを開催している飲食店がたくさん。

 

  • マンションバー&アートギャラリー ギャラ(札幌市中央区南7条西2丁目)
  • アメリ(札幌市中央区南5条西5丁目 ジャパンランドル6F )

上記の飲食店は、定期的に「着物イベント」を開催しています。

 

着物は高価なイメージがありますが、中古やリサイクル品であれば3000円程度で購入することが出来ます。
趣味として着物を楽しみ、こういったイベントに参加してみるのも楽しそうですよね。

メニュー