横浜市で「よこはま国際フェスタ2016」が開催されました。

10月8日〜10日横浜市で「よこはま国際フェスタ2016」開催されました。
このイベントには、国際協力や多文化共生に関わる約100団体が参加。
会場は、訪れた人たちで賑わいました。

「ともに創る世界」文化交流楽しむ よこはま国際フェスタ http://www.sankei.com/region/news/161010/rgn1610100012-n1.html 情報元:産経ニュース

10月8日〜10日の3日間、10:30〜16:00の行程で「よこはま国際フェスタ2016」が開催されました。
会場は昨年から場所を移し、グランモール公園(横浜市西区みなとみらい3丁目)で行われました。

 

このイベントは、1997年に開催された「NGOまつり」が端緒。
場所やイベント名を変えながら、今回で第20回目の開催となります。

 

テーマは「ともに生きる横浜 ともに創る世界」
イベントを通して、国際交流に興味を持ってもらうことや、国際問題を認識してもらうことが目的です。

 

会場では、世界各国のフードを味わったり、様々な文化に触れることができます。
ショッピングをすることで国際協力に参加することも可能。
第20回目となる今回の開催では、たくさんの親子連れが訪れました。

 

このイベントの参加は無料。
誰でも気軽に訪れることができます。

 

「国際交流」というのは、多くの人はあまりに身近に感じませんよね。
しかし、こういったイベントに参加することで国際交流や、国際問題が今よりぐっと身近になるのではないでしょうか。

 

親子で参加すれば、家族で世界のことを一緒に考えるきっかけにもなるかもしれません。
若者が参加すれば、これから国際交流に関して何か活動をしてみようという気持ちになるかもしれません。

 

たくさんの人が国際交流に関心を持つきっかけとなるイベントですよね。
来年からの開催にも注目が集まりそうです。

メニュー