気仙沼市で「ふかふか村まつり」が開催されます。

10月15日、16日に気仙沼市で「ふかふか村まつり」が開催されます。
水揚げ日本一の気仙沼のサメ産業や食材を周知させることが狙いです。

<ふかふか村まつり>サメの街 理解フカめて http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201610/20161014_12024.html 情報元:河北新報 ONLINE NEWS

10月15日(18:00〜20:00)16日(10:00〜15:00)の行程で「ふかふか村まつり2016」が開催されます。
場所は、中華高橋水産敷地内(宮城県気仙沼市本吉町大谷87-1)

 

このイベントは気仙沼が水揚げ日本一を誇る「サメ」のことを知ってもらうのが狙いで、フカヒレの加工出荷をしている中華高橋水産が主催。

 

15日夜は限定開催となっており、本格中華料理ディナーが供されますが、予約はすでに完売。
多くの人が楽しみにしていることが伺えますね。

 

16日には「ふかふか村」と名付ける加工場が終日解放。
10:00〜15:00まで開催されており、入場は無料です。

 

会場では、無料でフカヒレスープが振る舞われたり、限定ランチが販売されます。
こういったイベントで「サメ」を使った料理が気軽に食べられるのはとても嬉しいですよね。

 

気仙沼市は東日本大震災で大きな被害をこうむった町。
ところどころで被害の爪痕が残っています。

 

ですが、こういったイベントが開催されることで復興に繋がったり地域貢献に繋がることでしょう。
今回が初開催となりますが、ぜひ来年以降も開催して欲しいイベントです。

 

15日夜のディナーは完売してしまいましたが、16日は誰もが気軽に訪れることができます。
気になる方は気仙沼まで足をのばしてみるのも良いかもしれませんね。

メニュー