大沼で「グレートラン・ウォーク」が行われました。

10月16日、「2016北海道大沼グレートラン・ウォーク」が開催されました。
過去最多の2270人がエントリー。
心地よい汗を流しました。

大沼グレートラン・ウォーク 秋の湖畔駆け抜ける 過去最多2270人、心地よい汗 http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/donan/1-0327557.html 情報元:どうしんウェブ

10月16日、大沼湖畔をランニングやウォーキングで巡る「2016北海道大沼グレートラン・ウォーク」が開催されました。
毎年10月頃に開催されているこのイベント。
今回は過去最多の2270人がエントリーしました。

 

コースは、湖畔を一周する14.1キロと半周6.3キロのコース。
ランニングとウォーキングに分かれ、それぞれに心地良い汗を流しました。

 

大沼は、七飯町にある湖で、国立公園として指定されています。
大沼国立公園(亀田郡七飯町大沼町1023-1)は自然豊かな公園で、10月には綺麗な紅葉を楽しむことが出来る公園。
湖畔をランニングしながら綺麗な沼と色めいた木々を楽しむのは格別です。
気温も暑すぎず、寒すぎずのこの時期はランニング・ウォーキングの時期としても最適。

 

また、普段大沼国立公園は観光スポットとしても人気が高い場所。
一口サイズの大沼だんごなどは、とても有名ですよね。

 

今回のイベントはゴール後に七飯町の特産品が振る舞われたり、近隣温泉の半額券を貰えるという特典も。
走ったあとの地元の食材を味わうのを楽しみに参加しているという方もいるようです。

 

今回の「大沼グレートラン・ウォーク」は終了してしまいましたが、来年もこの時期に開催されることでしょう。
北海道の秋を満喫しながら、心地良い汗を流せるこのイベント。
ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

メニュー