岐阜市で県農業フェスが開催されました。

10月22日、岐阜市で「県農業フェスティバル」が開催されました。
このイベントでは、色々な岐阜グルメや農産物が楽しめます。

地元特産ご賞味あれ 岐阜市で県農業フェス http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20161023/CK2016102302000019.html 情報元:中日新聞(CHUNICHI Web)

10月22日から、岐阜県庁(岐阜市薮田南2-1-1)周辺で「県農業フェスティバル」が始まりました。
会場は、大勢の来場者で賑わっています。

 

このイベントは県や農業団体などでつくる実行委員会が主催。
県内の特産品や農産物をPRする目的で、毎年開かれています。

 

今回の開催は30回目の開催。
県民にとっては昔からなじみのあるイベントですね。

 

会場では、試食・販売・体験などの様々な企画が盛りだくさん。
「見て」、「買って」、「味わって」、「楽しんで」というコンセプトで誰もが楽しめるフェスティバルとなっています。

 

出店では、定番の岐阜料理「アユの塩焼き」の他にも、「飛騨牛のひつまぶし」などユニークな料理が並びました。
岐阜は農業・産業が栄えているまち。
しかし、近年では若者の農業離れが問題にもなっています。

 

このようなイベントを開催することで、特産品・農産物のPRだけではなく、若い年代の方に県の農業をアピールすることにも繋がるでしょう。
若者が農業に興味を持ち、岐阜県の農産業がもっと活発になると良いですよね。

 

この「県産業フェスティバル」は23日(9:00-16:00)まで開催されていました。
岐阜県の食について触れ、色々な体験をすることでいい経験になりますよね。

メニュー