白山市で「とりごえふれあい市」が開催されました。

10月22日、白山市出合町の道の駅で「とりごえふれあい市」が開催されました。
会場では、新米を使った料理などが販売されました。

新米、山の幸に舌鼓 とりごえふれあい市 http://www.hokkoku.co.jp/subpage/OD20161023501.htm 情報元:北國新聞

10月22日、白屋市出合町「道の駅一向一揆の里(石川県白山市出合町甲36)」で「とりごえふれあい市」が開催されました。
会場では、白山麓産の新米を炊き上げたおにぎり、きのこ汁、クリのワイン煮などが販売。

 

紅葉の見頃で観光客増えていたこともあり、大勢の来場者が訪れました。
訪れた人はたちは、それぞれに山の幸を堪能したようです。

 

「道の駅一向一揆の里」は自然が豊かな場所にある道の駅。
白山麓の澄んだ空気と水で育てられた野菜は格別です。
普段でも、地域人の技が生きた特産品が販売されています。

 

今回の「とりごえふれあい市」が地元の実行委員会が主催。
JA白山などが協力しており、地域全体で協力して開催されたイベントであることが伺えます。

 

「道の駅」は年々注目を浴びており、道の駅グルメなどが有名になったりもしていますよね
白山麓の特産品が集まる「道の駅一向一揆の里」も益々注目が高まることでしょう。

 

「とりごえふれあい市」は23日まで開催されています。
最終日にはシシ鍋が振る舞われる予定です。

 

イベント中でなくとも、地域の特産品が味わえる「道の駅一向一揆の里」。
訪れてみてはいかがでしょうか。

 

直売所の営業は通常、9:00〜16:00。
冬季(12月〜4月)は、9:00〜15:00までとなっています。

メニュー