七飯町「大沼公園」の紅葉が見頃を迎えています。

七飯町「大沼公園」の紅葉が見頃を迎えています。
公園は、紅葉を見に訪れる来園者で賑わいをみせています。

秋の大沼、紅葉見頃 台湾の観光客「感激」 http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/donan/1-0331381.html 情報元:どうしんウェブ

10月27日、七飯町「大沼国定公園(亀田郡七飯町大沼町1023-1)」の紅葉が見頃を迎えています。
大沼公園には、たくさんの木々があります。
ミズナラやカラマツは黄色、ヤマウルシやカエデなどは赤色へと色鮮やかに変化。

 

紅葉は    10月17日頃から色づきはじめ現在はピークを過ぎた状態。
10月21日〜23日にかけてはライトアップクルーズ、紅葉ライトアップなども行われました。

 

今年は、台風10号などによって天候が荒れてしまう日も多かった大沼公園。
葉がこすれ、場所によっては枯れ葉となってしまっている部分もあるようです。

 

しかし、全体的に見ると例年通りの美しい紅葉。
訪れる人たちの目を奪っています。
色鮮やかな紅葉は直視するだけではなく、大沼に映った水面からみるという楽しみ方も。
水面に映った木々の鮮やかな葉が、水に合わせて揺れ動く姿は絶景です。

 

また、北海道新幹線が開通したことにより、道外からのアクセスもとてもしやすくなりました。
以前は新千歳空港から七飯町にいく方法がメジャーでしたが、今では北斗市からのアクセスが可能です。
所要時間が大幅に短くなりましたよね。

 

そんな大沼公園の紅葉は今週末で見頃を終えます。
北海道の紅葉はあっという間。
紅葉を見たいという方は、お急ぎになってくださいね。

メニュー