八千代市で秋バラが見頃を迎えています。

八千代市大和田新田の京成バラ園で秋バラが見頃を迎えています。
同園には、秋バラを見に多くの来園者が訪れ賑わいをみせています。

秋バラ7000株見頃 千葉 http://www.sankei.com/region/news/161027/rgn1610270040-n1.html 情報元:産経ニュース

八千代市の京成バラ園(千葉県八千代市大和田新田755番地)で秋バラが見頃を迎えています。

 

京成バラ園の広さは、30,000㎡。
雄大な敷地に、1,600品種10,000株のバラが植えられています。
オールドローズから最新品種までが植えられているので、園内を一周するとバラの歴史がわかるようになっています。

 

そんな京成バラ園の秋バラが現在見頃。
多くの人が訪れ、秋バラを鑑賞しています。
秋バラは、開花が終わったあとでも剪定することで次の花が咲く「四季咲き」の特徴をもつバラ。
剪定から2ヶ月後にまた花を咲かせるようになります。

 

なので、「この時期にしか見れない!」という花ではないのですが、多くのバラ園では10月に見頃を迎えます。
「秋バラ」という言葉通りに、秋に開花するように剪定しているのでしょうね。
また、秋バラは色が鮮やかでふんわりとした香りが特徴。
秋の澄んだ空気にバラの香りが漂うのは格別ですよ。

 

そんな秋バラが見頃を迎えた京成バラ園では、10月8日から「オータムフェア」を開催中。
バラのスぺシャリストと園内をめぐる「ガイドツアー」を実施中です。
さらに、同園が選抜したバラ24品種による人気投票も初開催。
オータムフェアは11月6日まで行われています。

 

京成バラ園は、プロポーズにふさわしい場所「恋人の聖地」として認定されているスポットでもあります。
たくさんのバラが咲いている園内は、非日常空間を醸し出すとても美しい景色です。

 

10月、11月の営業時間は、9:00~17:00(入園は16:30まで)
入園料は大人1,000円となっています。

 

ぜひ、家族や恋人と訪れてみてはいかがでしょうか。

メニュー