札幌市で「ハロウィン大通大行進」が行われました。

10月29日、札幌中心部で「ハロウィン大通大行進」が行われました。
昼と夜の2回行われ、およそ1700人が参加し、楽しみました。

札幌でハロウィーンイベント 1700人が行進 http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/sapporo/1-0332657.html 情報元:どうしんウェブ

10月29日、札幌中心部で「ハロウィン大通り大行進」が行われました。
これは、二番街商店街復興組合が昨年に引き続き主催したもの。

 

およそ1700人の参加者は、創成川公園狸二条広場(札幌市中央区南3東1)を出発。
狸小路や南1条通などを警備員やイベントスタッフの誘導により行進しました。

 

しかし、残念ながら今年のイベントは昨年開催時の参加者より300人ほど減。
この日の札幌市の気温が例年より低いことが影響したと考えられています。

 

道内でも催されるハロウィンイベントの中では、この大行進が一番規模が大きいもの。
この日のために仮装の衣装やメイクを準備したという方もいらっしゃいます。

 

ここ近年で注目を浴びることが多くなったハロウィン。
来年もぜひ企画してほしいですよね。

 

また、10月28日、29日の週末。
市内では、これらのイベントの他にも仮装をしている方が多く見られました。

 

飲食店が立ち並ぶすすきの繁華街では、「仮装をすると割引」などのキャンペーンを行っているお店の他に、ハロウィンイベントを開催しているクラブなども。

 

こういったことが影響して、市内でもハロウィンを楽しむ市民が近年かなり急増しています。
クリスマスやバレンタインのようなイベントよりは、まだまだ賑わいが少ない「ハロウィン」。

 

イベントによって地域の活発化にも繋がりますし、ぜひどんどん盛り上がりを見せて欲しいですよね。

メニュー