養老公園がLED入りヒョウタンで彩られています。

養老公園に、電飾用のヒョウタン1500個が取り付けられました。
11月12日から、11月中の土日6日間のみ点灯される予定です。

LED入りヒョウタンで養老公園に彩りを 地元高校生が設置 http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20161102/CK2016110202000046.html 情報元:中日新聞(CHUNICHI Web)

養老公園(養老郡 養老町高林1298-2)にLED入りのヒョウタン、1,500個が取り付けられました。
これを取り付けたのは、大垣養老高校(養老町)の生徒18人。

 

町のシンボルのヒョウタンで地域おこしに取り組む大垣養老高校のサークル、「瓢箪倶楽部(ひょうたんくらぶ)秀吉」が発案。
滝谷に架かる不動橋をLEDで飾り、橋の中央にヒョウタン棚をイメージしたケージを設けてLED入りのヒョウタンを取り付けました。

 

今回の装飾は、「養老改元1300年祭」を盛り上げるための取り組み。
町名の由来ともなる「養老」元号として使われてから1300年経過することを記念したお祭りです。
11月12日、13日には本祭に向けて「養老改元プレフェスタ」が養老公園一帯で開催されます。

 

養老郡全体が盛り上がる、この「養老改元1300年祭」
町のシンボルでもあるヒョウタンのLEDはさらに祭りの雰囲気を盛り上げてくれること間違いありません。

 

今回のLED入りヒョウタンは、11月12日から、11月中の土日のみ点灯。
平日の点灯はしない予定です。
なので、実際に点灯しているのが見られるのは6日間。
興味がある方は、11月中の土日に養老公園を訪れましょう。

 

11月12日、13日には「養老改元プレフェスタ」も行っているのでさらに楽しめますね。
養老公園の駐車場営業時間は9:00〜17:00となっています。

メニュー