ANAクラウンプラザホテル金沢で風物詩の「巨大クリスマスツリー」が完成しました。

11月4日、毎年恒例となっているANAクラウンプラザホテル金沢の「ツリー」が完成しました。
ツリーは12月25日まで展示される予定です。

美大生の感性光る ANAクラウン金沢、「アート リ・ボーン」でツリー http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20161105101.htm 情報元:北國新聞

ANAクラウンプラザホテル金沢(金沢市昭和町16-3)の風物詩ともなっている「巨大クリスマスツリー」が11月4日、完成しました。
今年の「巨大クリスマスツリー」には、金沢美大の1年生80人が得意の技法で仕上げたオーナメント100個が飾られており、若者の感性を生かしたツリーとなっています。

 

学生がクリスマスツリーづくりに協力した背景には、金沢美大と北國新聞社の共同事業「アート リ・ボーン プロジェクト」があります。
このプロジェクトの一環として、今回のツリーづくりが実現したんですね。

 

オーナメントは、工芸科、視覚デザイン専攻、製品デザイン専攻、日本画専攻、油画専攻の学生がおよそ1ヶ月かけて制作。
同大学の大学院生も協力しました。

 

11月11日からは、「ドネーション」として来館者からオーナメント1個につき1千円の寄付金を募ります。
寄付金を支払うとクリスマスツリーのオーナメントオーナーとして、メッセージカードにクリスマスの願い事を添えてツリーに飾ることができます。
寄付されたお金は、日本ユネスコ協会連盟が推進する「ユネスコ世界寺子屋運動」に寄付する予定です。

 

ツリーは、12月25日まで飾られています。
宿泊しなくても、見に行くことは可能なので、一足先にクリスマス気分を味わいたいという方はぜひ観に行ってみてはいかがでしょうか。

 

オーナメントを飾れるのは、11月11日から、10:00〜20:00までです。
ANAクラウンプラザホテル金沢では、その他にも色々なクリスマスイベントを開催予定。
気になる方は、チェックしてみてくださいね。

メニュー