新潟の特産品を味わい、購入できる「町村博覧会」が開かれています。

現在新潟県内町村の特産品を味わい、購入できる「町村博覧会」が開かれています。
この催しは、11月13日まで開かれる予定です。

地元食材そろいぶみ 町村博覧会 http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20161105289548.html 情報元:新潟日報モア

11月3日から、新潟県内の特産品を味わいながら購入ができる「町村博覧会」が開かれています。
この催しは、弥彦村弥彦のヤホール(西蒲原郡弥彦村弥彦974-4)で行われています。
主催の「弥彦村」が、県内の全町村に呼びかけ、今回が初開催となりました。
弥彦村と定住自立圏構想を結ぶ燕市も協力し、全11町村が参加しています。

 

初日は、出雲崎町と粟島浦村の海産物や阿賀町の雪椿うどんが販売。
見頃を迎えている紅葉を見に来たり、弥彦神社境内で開催中の「弥彦菊まつり」に訪れた方たちが立ち寄り、賑わいました。

 

また、参加自治体の食材を使った「ふるまい鍋」250食が無料で配られ、来場者が笑顔で味わう一場面も。
「ふるまい鍋」は日替わりで、期間中の土日の正午から配られる予定です。
新潟県内町村の特産品が集まる、この「町村博覧会」
観光に訪れた方たちも、新潟の魅力をさらに発見することができますよね。

 

「町村博覧会」は、11月3日〜11月13日まで。
10:00〜15:30分の行程で行われています。

 

各自治体の出店は日によって異なり、様々なイベントが行われる予定です。
ふるまい鍋のメニューも日によって変わりますので、何度行っても楽しめそうですね。
新潟にお立ちよりの方や、近くにお住まいの方はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

メニュー