大阪ミナミの道頓堀川でイルミネーションイベント「光と水のワンダーランド」が開始

大阪ミナミの道頓堀川で11日夜からイルミネーションイベント「光と水のワンダーランド」が始まりました。
両岸の遊歩道「とんぼりリバーウォーク」を約3万球の発光ダイオード(LED)が川岸や川面を彩ります。

光と水の都へようこそ 光と水のワンダーランド始まる http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/161112/20161112044.html 情報元:大阪日日新聞

水の都と言われる大阪を象徴する有名な場所である道頓堀川にイルカや魚・花などのイルミネーションが設置され、水の都らしいイベントとなっています。
遊歩道の「とんぼりリバーウォーク」は上下2段の構造となっておりますので、川沿いの景観をゆっくり見ることができます。

 

メインとなる戎橋(えびすばし)では両岸の4方向から七色に橋が照らし出され、見ても渡っても楽しめます。
戎橋はグリコの看板でも有名な場所で、道頓堀グリコサインと呼ばれていますね。
近くには戎橋筋商店街やなんば駅にほど近いということもあり、常に人がたくさんいて賑わっている場所です。

 

イルミネーションの光と街の光が川面に映り込みますので、いつも通っているという方でも普段と違う道頓堀を楽しめるかと思います。
また道頓堀川ではクルーズ船も運航していますので、船からみるイルミネーションも一味違った景観となりそうです。

 

開催期間は11月11日(金曜日)から来年の2月19日(日曜日)まで。
点灯時間は17時から25時までとなります。

 

最寄り駅は大阪地下鉄のなんば駅・JR難波駅・南海なんば駅となり、いずれの駅からも北側が「とんぼりリバーウォーク」となります。
年末年始を挟んだ約3ヶ月ほどの期間の開催となるので、クリスマスや年末年始はもちろん、週末でも見に行けるのがうれしいですね。

メニュー