京都すばる高、恒例の「京都すばるデパート」が開催されます。

授業の一環として、生徒が企画・開発した商品を販売する府立京都すばる高校恒例の「京都すばるデパート」が11月19、20日開催されます。
今年で30回目の開催です。

商品充実お待ちしています 京都すばる高が19、20日に恒例「デパート」 http://www.sankei.com/region/news/161116/rgn1611160026-n1.html 情報元:産経ニュース

毎年恒例となっている「京都すばるデパート」が、府立京都すばる高校(京都市伏見区向島西定請120)で開催されます。
これは、授業一環で、生徒が企画・開発した商品を販売する学習。
生徒の実習費を元手に運営し、同校の会計・企画・ビジネス探求・情報科学の4学科の特徴を活かし、コミュニケーション能力やビジネス感覚を養うのが目的です。

 

今年は30回目の開催で、「おかげさまで30年! 心ぬくもるおもてなし~すばるがつなぐみんなのバトン」をテーマに、35会社、府立高校や技術専門学校の協力のもと、22店舗がおよそ2,000品目を販売します。

 

このような実践的な学習は自らが主体となって仕事を作り出す力や、顧客志向を意識したビジネス能力を身に着けることができる授業ですよね。
3年生の取り扱い商品の中には、最近注目を浴びている「フェアトレード」商品などもあり、企業間の公正な取引がいかに重要なのか学ぶ機会にもなるでしょう。

 

また、京都すばるデパートは6月6日に生徒代表取締役が発足。
様々な企画や準備を通じ、およそ5ヶ月間で準備を進めてきました。

 

今年の開催にも、団子風味の「あん入り生八ッ橋」や話題のヘアアクセサリー「マジェステ」に京都らしいデザインを組み合わせた商品など注目されている商品がたくさんあります。
11月19、20日ともに営業時間は9:30~15:00

 

生徒たちのアイディアと学んだ知識のお披露目といっても良い「京都すばるデパート」
ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

 

メニュー