トラピスト修道院の並木道がライトアップされます。

12月17日~24日までトラピスチヌ修道院の並木道がライトアップされます。
ライトアップは初めての試みです。

トラピスト修道院、並木道ライトアップ 来月17日からイブまで http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/donan/1-0339348.html 情報元:どうしんウェブ

来月12月17日からクリスマスイブの24日まで毎日、トラピスト修道院(北斗市 三ツ石392)の並木道がライトアップされます。
この試みは初めて。
人口減が著しい同地区の活性化につなげたいと考えています。

 

昨年までの4年間は、12月24日のみ、牛乳パックで造ったろうそくを沿道に灯していました。
しかし、今年は北斗市に北海道新幹線が開業したことから、より見栄えがするライトアップを行うことに決定しました。

 

並木道にはスギやポプラが生えており、修道院寄りのおよそ400メートルがライトアップされます。
修道院という場所もあり、カラフルな派手な電飾はつけず、出店などもしない予定です。

 

トラピスト修道院は、函館市のトラピスチヌ修道院と同様、函館や北斗市などの有名な道南観光スポット。
静かで厳かで、身が引き締められるような独特の雰囲気があります。

 

修道院の付近は、静かな森。
凛と立つ木々は、日中にみても迫力があり美しいものです。
今回、そんな修道院の並木道がライトアップされることで、クリスマスの修道院のムードをさらに引き立ててくれるでしょう。

 

修道院にとってクリスマスイブはとても重要な行事。
出店などは行わずに、ライトアップだけをする・・・というのにも納得がいきますよね。

 

ライトアップは17:00~20:00
30台の無料駐車場を用意しているほか、現在隣接地を借りて計120台が駐車できるように整備中です。

 

クリスマスイブを厳かな修道院の雰囲気を楽しみながら、ゆっくり歩くのもとても素敵です。
ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

 

メニュー