那覇市で「離島フェア2016」が開催されています。

11月25日那覇市で「離島フェア2016」が開催されています。
これは、沖縄県内の18の離島市町村が自慢の特産品や伝統芸能を紹介するイベント。

離島フェア始まる 食堂、地ビール、カクテルも 27日まで http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/72756 情報元:沖縄タイムス+プラス

11月25日、沖縄セルラーパーク那覇(那覇市奥武山公園)で「離島フェア2016」が開催されました。
主催は沖縄県や18離島市町村からなる離島フェア開催実行委員会。
今年で28回目となる歴史あるイベントです。

 

今回の開催では、”離島を支えるモノがある。人も素材も特産品”をキャッチフレーズに特産品の販売・伝統芸能の披露・離島食堂のほか、様々な企画があります。
展示販売は過去最多の127社が1092を販売。
一日中見て回れそうですね。

 

島の料理を味わえる「離島食堂」では、11市長村から16店が出店。
イラブー汁・イカスミ焼きそばなど島ならではの多彩なメニューを味わうことができます。
また、石垣島ビールやイエラムモヒートなどのアルコールも楽しむことができるので、大人の方も一日ゆっくり満喫できるでしょう。

 

開催期間は11月25日~27日までの3日間。
10:00~19:00までの行程で行われます(最終日は18:30閉会)

 

沖縄県の離島・各市町村の魅力が一堂に会すことのイベント。
離島ファンや南国ファンにとっては堪りませんよね。
充実したステージイベントも企画されていますので、お時間が合う方はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

メニュー