姫路城で3D映像イベントが行われます。

12月2日から、姫路城で3D映像イベントが行われます。
姫路城ゆかりの歴史絵巻がプロジェクションマッピングで浮び上がります。

夜を彩る白鷺…来月2日から3D映像イベント http://mainichi.jp/articles/20161130/k00/00e/040/218000c 情報元:めっちゃ関西 - 毎日新聞

12月2日~11日、「姫路城・別名:白鷺城(姫路市本町68)」で、白壁や石垣を彩る3D映像イベントが行われます。
11月29日に行われた、イベントの内覧会では姫路城ゆかりの歴史絵巻などがプロジェクションマッピングで浮び上がりました。

 

このイベントは、観光客数が減少する入城者を増やすため、市などによってはじめて開催されます。
イベント名は、「世界文化遺産姫路城ナイトアドベンチャー」

 

昨年は5月にも、「姫路城3Dプロジェクションマッピング 姫路光絵巻「HAKUA」-新たなる羽ばたき-」などのプロジェクションマッピングが行われていましたが、今回のイベントで注目なのは、壁や石垣など城だけではなく複数に映像が投影されること。

 

有料エリア内の数か所にプロジェクションマッピングが投影されるので、以前行ったものよりはるかに迫力が増すことは間違いありません。
普段の姫路城の入城時間は夕方までですが、期間中は夜の幻想的な姫路城を見ることも可能です。

 

開催期間は12月2日~12月11日。
17:30~21:30を予定しています。

 

小学生以上が対象で、前売り参加券は1,000円。
当日参加券は、1,200円となっています。
千姫物語や、播州皿屋敷伝説など歴史ある映像投影がされることも注目。

 

音楽と映像が姫路城と一体化する圧巻のこのイベント。
ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

メニュー