高松市で「かえっこ商店街」というイベントが行わました。

いらないおもちゃを欲しいものと交換する「かえっこ商店街」が高松市で行われました。
今回は、2年ぶりの開催となります。

いらないおもちゃを欲しいものと交換 高松で「かえっこ商店街」 http://www.sankei.com/region/news/161201/rgn1612010019-n1.html 情報元:産経ニュース

11月26日、27日 高松南部商店街を中心に、「かえっこ商店街」というイベントが行われました。
主催は、かえっこ商店街実行委員会と、高松南部商店街新世代協議会。

 

かえっこ商店街は、遊ばなくなったおもちゃと欲しいおもちゃを取り換えるごっこ遊び。
参加費は無料で、遊ばなくなったおもちゃを持参し、商店街に行きます。
その後、「かえっこバンク」で持ってきたおもちゃを「カエルポイント」に変換。

 

商店街で、お仕事体験やワークショップなどに参加してさらに「カエルポイント」を貯めます。
貯まった変えるポイントは「かえっこショップ」で遣うことができ、欲しいおもちゃをゲットすることができます。

 

上記が「かえっこ商店街」の仕組み。
色々な体験を通して、「カエルポイント」を貯めるのは社会の仕組みを学ぶことにも役立ちますよね。

 

また、商店街のお仕事で「パン屋さんのお手伝い」、「ネイリスト体験」、「王将ファミリーと体験」など、実際に営業をしているお店、約39ヵ所で本格的なお仕事体験をすることができます。
その他にもワークショップなどがあり、色々な体験を楽しみながら「カエルポイント」を貯めることができるようになっています。

 

子どもにとっては、楽しみながら勉強することができるとても良いイベントですよね。
今年は2年ぶりの開催となっていますが、来年もぜひ開催して欲しいイベントです。

メニュー