長久手のイオンで内覧会が開かれました。

12月9日オープン予定の長久手のイオンで内覧会が開かれました。
新店舗は地域性に合わせ、木や森をイメージした内装。

長久手のイオンで内覧会 内装、木や森イメージ http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20161206/CK2016120602000050.html 情報元:中日新聞(CHUNICHI Web)

12月9日にオープンするイオンモール長久手(長久手市長久手中央土地区画整理事業地内)で5日、報道陣向けの内覧会がありました。
新店舗の敷地面積はおよそ46,000平方メートル。
東部丘陵線の長久手古戦場駅から直結する「駅前棟」と、デッキでつながる「モール棟」が構成されています。

 

駅前棟は2階建て、モール棟は地上4階、地下1階となっていることから規模がとても大きいショッピングモールとなっています。
核となるのはイオンスタイル長久手。
そのほかにも、映画館、飲食店、アパレル店が入るので一日中みて回ることができそうですね。

 

また、新店舗は地域性に合わせて木や森をイメージ。
長手市の景観に合わせたデザインとなっています。
その他にも女性が来店しやすい工夫をしていたり、客層は子育て世代の女性客をターゲットにしていることからベビールーム・パウダールームが充実しています。

 

12月9日には、イルミネーションの点灯式なども行われる予定です。
イオンはどんどん店舗数を増やしており、専門店も充実してきているので期待の大型ショッピングモールになることは間違いないでしょう。
12月9日、9:00~グランドオープンですので、気になる方はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

メニュー