現代ファッションと和装を融合したファッションショーが開催されます。

12月10日、和服と現代ファッションを融合させた「イノベーティブ和服」のファッションショーが行われます。
場所は京都文教大。

和服改良、めっちゃ斬新 京都・宇治の高校生制作、10日披露 http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20161209000048 情報元:京都新聞

12月10日京都文教大(宇治市槇島町千足80)で現代ファッションと和装を融合した「innovative WAFUKU」のファッションショーが行われます。
これらのデザインは京都府宇治市内の学校に通う高校生らが手掛けたもの。
宇治が醸し出す「和」のイメージと最先端のトレンドを組み合わせるのが狙い。
若者の感性を取り入れ宇治の魅力を発信する「めっ茶、好きやねん!!~宇治に届け~」という市の企画の一環です。

 

高校生らが制作したのは、四季に対応した計12着。
ところどころに着物の帯を活用したり、ショートパンツと着物を組み合わせたものも。
若い年代が和服と触れ合う機会はなかなか無いにも関わらず、こういった斬新な発想ができるのは「さすが・・・」と言ったところですね。

 

最近では、結婚式の新婦の装いに和と洋を融合させた「キモノドレス」なんていうのもあるくらい和装のアレンジが注目されています。
和服の柄はどでも美しく、日本の伝統があふれる味わい深いもの。
現代のファッションと融合させて新たな魅力を発見できるのは、とても素晴らしいことですよね。

 

ファッションショーは12月10日14:00~京都文教大の地域開放イベント「ともいき(共生)フェスティバル」の中で開催。
試着や展示のブースなども設けられます。

 

高校生が手掛ける斬新で独特ながら、日本の魅力がたくさん詰まったファッションショー。
ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

メニュー