松山市に「坊っちゃん列車ミュージアム」がオープンしました。

松山市に資料館「坊っちゃん列車ミュージアム」がオープンしました。
松山市とその近郊を走る鉄道の歴史資料、夏目漱石の小説「坊ちゃん」に登場する機関車のレプリカなどを展示しています。

坊っちゃん列車ミュージアム http://www3.nhk.or.jp/matsuyama-news/20161209/3633681.html 情報元:四国 NEWS WEB - NHKオンライン

12月9日、松山市に「坊ちゃん列車ミュージアム(松山市湊町四丁目4-1伊予鉄道本社ビル1階)」がオープンしました。
同施設は、小説「坊ちゃん」に登場する機関車のレプリカを展示したり、松山市を走る歴史を紹介する資料館。
伊予鉄道の明治20年の創立からの歴史や変遷を知ってもらい、観光の振興につなげようと開館したもの。

 

館内には伊予鉄道の第一号機関車の原寸大レプリカ、懐かしの車両部品や資料を展示。
昭和時代の写真なども展示されており、ノスタルジックな雰囲気。
隣接するスターバックスと行き来でき、コーヒーを飲みながらミュージアムを楽しむことも可能です。

 

鉄道に関する資料はおよそ60点。
ドイツから輸入した機関車のレプリカは夏目漱石の小説「坊ちゃん」に登場することでも有名です。
鉄道ファンには堪らない館内となっていることはもちろん、純文学が好きな方、松山市の歴史を感じたい方も楽しむことができる施設となっているのではないでしょうか。

 

館内への入場料は無料。
年中無休で開館時間は7:00~21:00となっています。

 

また、12月20日には、いよてつ髙島屋(松山市湊町5丁目1番地1)の観覧車「くるりん」シースルーゴンドラが登場。
1月31日までに乗車すると「坊ちゃん列車グッズ」がプレゼントされるそう。
「坊ちゃん列車」と「シースルーゴンドラ」新しい松山市のスポット、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

メニュー