福井市のハピテラスでガラス壁面に映像を投影する催しが始まります。

12月21日から、福井市のハピテラスでガラス壁面に映像を投影する催しが始まります。
これは、建物や壁に映像を投影する「プロジェクションマッピング」で集客を図ろうと市が企画したもの。

横30メートルのガラス壁面に映像 ハピテラスで21日から http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20161210/CK2016121002000021.html 情報元:中日新聞(CHUNICHI Web)

12月21日から、福井市のにぎわい施設ハピテラス(福井市中央1丁目2-1(JR福井駅西口[ハピリン]内)で「プロジェクションマッピング」が始まります。
プロジェクションマッピングとは、壁や建物に映像を投影させるもの。

 

今回は、雨風を避けるためのガラス壁面に映像を投影。
このプロジェクションマッピングでさらに集客を図ろうと市が企画したもので、このようなイベントは県内では初めて。

 

ガラス壁面をスクリーンとし、「子どもサンタの大冒険」というアニメーション動画を1日4日、15分ずつ上映する予定です。
また、この他にもカメラマンに写真を撮影してもらうとメッセージ入りで大型ビジョン映し出してもらえる「フォトメッセージ」
パピリンの球体に文字やイラストが浮かび上がる「レーザーマッピング」
自分のぬりえが雪景色の中を動き出す「フライングペイント」など様々な企画が用意されています。
大人も子どもも楽しむことができそうですね。

 

プロジェクションマッピングの実施日は、12月21日、22日、23日、25日。
観覧は無料。
公演時間は、「18:15~」、「19:00~」、「20:00~」、「20:45~」となっています。

 

市が開催するこの大規模イベント。
ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

メニュー