八幡浜市で「みかん検定」を実施

12月23日、八幡浜市で「みかん検定」が行われました。
この検定では、みかんに関する知識や味の判別をテストします。

“みかん検定”に挑戦 http://www3.nhk.or.jp/matsuyama-news/20161224/4934791.html 情報元:四国 NEWS WEB - NHKオンライン

12月23日、道の駅「八幡浜みなっと」でみかんの知識や味の判別をテストする「八幡浜みかん検定」が行われました。
この検定は、全国有数のみかん生産量を誇る八幡浜のアピール、地域の活性化をするために考えられたもの。
みかんの知識を身に着け、八幡浜産のみかん知名度を上げるために6年前から毎年行われています。

 

検定内容は、筆記試験と実技試験。
筆記試験は4択問題。
「みかんの苗を植えてから何年で実がなるか」など、全50問。
制限時間は20分となっています。
実技試験ではみかんを食べ、品種を当てる「利きみかん」を実施。

 

今回の検定には、高校生から72歳までの17人が参加し、みかんの知識を確かめました。
参加者はテストの成績によって、1級から3級に分けられ、記念の賞状とバッジが授与されます。

 

実際に問題をみても、難易度は高く、特に「利きみかん」などは本当にみかんへの知識がないと当てることができませんよね。
参加した方は、自分のみかんへの知識を測る良いきっかけとなったのではないでしょうか。

 

また、八幡浜のみかんは、恵まれた自然環境の下で育った味わいのあるみかん。
甘く、コクがあるのが特徴です。

 

八幡浜のみかんは、現地だけではなく通販などでも購入することができます。
とても美味しいみかんですので、ぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか。

メニュー