札幌エステで「あっぱれ北斎!光の王国展」開催中

札幌エスタで「あっぱれ北斎!光の王国展」が開かれています。
葛飾北斎の作品をデジタル技術で復元し、展示しているイベント。

よみがえる北斎の世界 デジタル技術で復元 札幌で54点展示 http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/sapporo/1-0351938.html 情報元:どうしんウェブ

12月9日から札幌エスタ11階にあるJRタワープラニスホールで「あっぱれ北斎!光の王国展」が開かれています。
主催は、葛飾北斎リ・クリエイト展実行委員会、テレビ北海道、道新文化事業社。

 

このイベントでは、江戸時代後期の浮世絵師「葛飾北斎」の作品54点をデジタル技術で復元。
鮮やかな色づかいまで、忠実に再現されています。

 

このイベントは、2012年に公開され好評となった「フェルメール 光の王国展」の館長を務めた生物学者・福岡伸一さんがおくるもの。
厳選した、高品質の版画を最新技術で復元。
リ・クリエイトし、180年前の色彩を再現しています。

 

展示作品は、「冨嶽三十六景」が46点。
「諸国瀧廻り」が8点の計46点。

 

日本画や風刺画ファンにとっては堪らないイベントでしょう。
また、昔の色彩をそのままに再現する技術。
デジタル技術は日々進歩していってるんだなと実感させられますよね。

 

  • イベントの開催期間は12月9日~2017年1月3日まで。
  • 10:00~17:00(最終入場16:30)となっています。
  • チケットは一般800円。
  • 中学生・大学生500円。
  • 小学生以下は無料。

 

お子さんの冬休みの美術鑑賞にもぴったり。
まだまだ開催されていますので、この機会にぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

メニュー