サッポロファクトリーで「まなぶんウインタースクール」開催

「まなぶんウインタースクール」開催中の1月12日、サッポロファクトリーで「お絵かき水族館でデジタル体験」が行われました。
デジタル技術を用いて体験型アートを制作している「チームラボ」堺大輔取締役が講師を務めました。

描いた魚動いた!泳いだ! まなぶんウインタースクール http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/life-topic/life-topic/1-0357260.html 情報元:どうしんウェブ

様々な体験をし、学ぶ「2017まなぶんウインタースクール」開催中の1月12日、札幌市にあるサッポロファクトリーで「お絵かき水族館でデジタル体験」が行われました。
魚やイカがプリントされた絵に色を塗ると、自分が好きな色を塗った魚がコンピュータで処理され、壁に投影。
海をイメージした壁を生き生きと動き回ります。

 

これは、デジタル技術を用いて体験型アートを制作する「チームラボ」の展示のひとつ。
現在サッポロファクトリーにて行われている「チームラボアイランド 踊る!美術館と、学ぶ!未来の遊園地」で体験することができます。

 

お絵かき水族館以外にも、デジタル技術を用いたアート作品「花と人、コントロールできないけれども、共に生きる」などを展示。
お子さんが楽しめることはもちろん、大人の方であっても十分に楽しむことができるイベントです。
「チームラボアイランド 踊る!美術館と、学ぶ!未来の遊園地」の開催期間は1月1日から1月17日まで。

 

  • 当日入場券:大人(中学生以上、1200円)、子ども(3歳~小学生)700円となっています。
  • (最終日の入場券の販売は12:00迄)

 

チームラボの展示が北海道で行われるのは初。
この機会にぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

メニュー