桑名「なばなの里」のイルミネーションに新演出登場

桑名市にある花のテーマパーク「なばなの里」のイルミネーションに、新演出が加わりました。
今年のテーマは「大地」

イルミネーションに新演出加わる なばなの里 http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20170114/CK2017011402000019.html 情報元:中日新聞(CHUNICHI Web)

桑名「なばなの里」で、昨年10月15日から2017年5月7日まで開催中のイルミネーションに1月から新たな演出が加わりました。

 

新たに追加されたのは、日本棚田のシーン。
華やかな花火と満月の中で餅をつくウサギが見どころ。
日本の風情ある情景をイルミネーションで楽しむことができます。

 

このウサギが加わったエリアのテーマは「大地」
他にもアメリカ大陸・南極大陸・アフリカ大陸・ユーラシア大陸をイメージしたイルミネーションを実施中。

 

高さ30メートル・横幅150メートルのLED画面に映し出される迫力のある絶景がも人気を集めています。

 

8000坪のスペースで、壮大なイルミネーションをみることができます。

 

  • なばなの里入場料:一般(小学生以上)2,300円
  • 里内で利用できる金券1,000円分がついてきます。
  • セブンイレブンやファミリーマートで前売券を購入することも可能。

 

点灯は日没から閉園までとなっています。

 

テーマエリア以外にも、水上イルミネーション・ツインツリー・光の雲海など圧倒的スケールのイルミネーションが盛りだくさん。

 

子どもから大人までじっくり楽しむことができますよね。
このイベントは、5月7日まで行われているのでぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

メニュー