「埼玉県立自然の博物館」改装オープン 1月31日

1月31日「埼玉県立自然の博物館」がリニューアルオープンします。
1700万~1500万年前に秩父地域に存在した「古秩父湾」に関する展示コーナーを新設。

埼玉県立自然の博物館が31日改装オープン 「古秩父湾」コーナー新設 http://www.sankei.com/region/news/170120/rgn1701200037-n1.html 情報元:産経ニュース

現在休館中となっている「埼玉県立自然の博物館」が1月3日、リニューアルオープンします。

 

改装後の見どころとしては、新に設けられる「古秩父湾」コーナー。
1700年万~1500万年前に秩父地域に存在した「古秩父湾」に関する展示を行います。

 

さらに、パレオパラドキシアの全身骨格化石「大野原標本」や古秩父湾の歴史・生息していた生物についての動画を投影する200インチの大スクリーンを新設。

 

より古秩父湾や同地域の歴史や化石を知ることができるでしょう。

 

2月には、古脊椎動物学入門・鉱物図鑑づくりなどイベントも開催される予定ですので、注目が集まりそうです。

 

さらに1月31日~5月7日には季節展示 「空飛ぶ夜の動物」、2月4日~6月18日には企画展「骨と皮~からだを支えるいろんなひみつ~」などの期間限定企画展も実施予定となっています。

 

  • 同館の開館時間は9:00~16:30
  • (毎週月曜日・年末年始・改修のため1月16日~1月30日 休館)
  • 観覧料:一般200円、高校生・大学生、100円、中学生以下、無料となっています。

 

たくさんの化石、岩石や鉱物、地層の様子など大地の成り立ちについての地学展示が豊富な埼玉県立自然の博物館。
リニューアルを機に、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

メニュー